これから秩父鉄道車両紹介シリーズを開始しようと思います

シリーズが続くかは分からないので一応とつけています()

今回は7000系の紹介です

登場の経緯

当時老朽化していた1000系(元国鉄101系)を置き換えるために東急8500系に塗装変更、ワンマン化改造などを施しデビューをしました

しかし、東急からの譲渡車両が変更されたため7000系の増備は2編成のみで終了しました

そのため秩鉄の通勤型車両の中では2/16と少数派です

7001F

↑熊谷駅に留置中の7001F

編成ごとの紹介です

まずは7000系のトップナンバー7001Fです

羽生方から

デハ7001+サハ7101+デハ7201の3両編成です

秩父鉄道の電車で編成内にサハを組み込むのは7000系のみです

7001Fは登場時放送されていた連ドラ、つばさのラッピングを施していました

トップナンバーは8500系オリジナルのままの顔なので前面に貫通扉を備えています

しかし定期列車で併結運転をする列車は設定されておらず、秩父鉄道にはトンネルも1つもないので使う機会はありません

(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

7002F

↑石原~ひろせ野鳥の森を走る7002F

続いてセカンドナンバーでありラストナンバーでもある7002Fです

羽生方から

デハ7002+サハ7102+デハ7202の同じく3両編成です

デハ7001、7201は8500系からのオリジナル顔ですが

デハ7002、7202は中間車を先頭車に改造したものなので貫通扉は着いていません

しかしオリジナル顔に寄せるため貫通扉を模した帯(?)が着いています

↑デハ7002のダミー貫通扉

最後に

7002Fは僕の愛車です

なので書いていてなのて書いていて楽しかったです

続くかは分かりませんが次回作にご期待下さい