初の鉄道攻略合宿のターゲットに選ばれたのは福岡県です。実は全エリア日帰りできなくもないのですが、時間的にも金銭的にもハードモードすぎるためあえて攻略合宿の記事として扱います。

情報整理

推奨出発駅

  • 博多
  • 小倉

県外発着路線

  • JR…山陽新幹線、九州新幹線、山陽本線、鹿児島本線、日豊本線、久大本線、日田彦山線(代行バスも含む)、筑肥線
  • 第三セクター…甘木鉄道

県内完結路線

  • JR…筑豊本線、篠栗線、後藤寺線、香椎線、博多南線
  • 私鉄・第三セクター…西日本鉄道、福岡市営地下鉄、北九州モノレール、筑豊電鉄、平成筑豊鉄道、皿倉山ケーブル

日帰り不可能エリア

  • なし(全エリア日帰り可能、ただしかなり難易度が高い)

必要日数(泊数)

  • 3泊4日、日帰りの場合は一週間以上

攻略の流れ

単純往復を避けるなら西鉄バスを使おう

九州の首都福岡は古来から栄えてる都市だけあって鉄道路線の密度が高いです。ですがそれはバス路線も同じこと。言わずと知れたバス会社の雄、西鉄バスを活用すれば盲腸線からもうまく脱出できます。エリアで分けるなら福岡都市圏と原田~久留米間も含めた鹿児島本線エリア、小倉都市圏と下関までの山陽本線も含めた日豊本線エリア、福北ゆたか線、平成筑豊鉄道を中心とした筑豊エリアに大きく分けることが出来ます。最初はまず鹿児島本線エリアから。

一日目・都市圏の両端盲腸線

優雅な朝を迎えて博多からスタートです。市営地下鉄に乗って中洲川端に向かい、箱崎線に乗り換えましょう。一つ先の天神で乗り換えると時刻が合えば対面で乗り換えができます。貝塚で降りたらすぐ目の前に西鉄唯一の狭軌で独立路線の貝塚線が待ち構えているので乗りましょう。

西鉄にほぼ見捨てられかけている貝塚線

終点の西鉄新宮で折り返したら二つ先の和白駅でJR香椎線に乗り換えて、西戸崎へ向かいます。西戸崎から折り返し、香椎で一度乗り換えて今度は宇美駅へと向かいます。この線は両端が盲腸線というJRにしては珍しい路線です。ですが一応両端の駅は接続のバスや船がありますので安心してください。西戸崎駅の近くの港からは天神に近い博多港への市営連絡船が出ております。(時刻表)また、宇美駅からは福岡空港を経由して博多に向かうバスも出ています。(時刻表)今回はあえてバスを使って福岡空港で空港線に乗り換えます。

山側なのに「うみ」えき

福岡空港から地下鉄で再び天神で下車し、そこから徒歩で天神南駅から出ている七隈線に乗ります。少々遠いので、乗り継ぎ時間に気を付けてください。橋本に着いたらバスで姪浜駅へと向かいます。(時刻表)

博多延伸まであと一年!

姪浜からはJR筑肥線で唐津方面に乗りましょう。筑肥線鹿家駅までが福岡県ですが、ここまで来たら西唐津まで乗ってしまいましょう。あとは博多方面へただ戻るだけですが、時間に余裕があるなら唐津線・長崎本線経由で博多に戻っても構いません。なお唐津から博多へ高速バスも出ています(時刻表)

筑肥線電化区間は九州内唯一の直流電化線。

とりあえず地下鉄経由で天神に戻ってきました。そこからまた徒歩で西鉄福岡駅に向かい、西日本鉄道に乗り継ぎます。大牟田方面に特急で二駅の西鉄二日市で大宰府線に乗り換えます。二駅なのでサクッと往復しましょう。戻ってきたら再び大牟田方面へ南下し、宮の陣駅で甘木方面に乗り換えます。

企業努力が功を奏して三セク路線にしてはそこそこ儲かっている

甘木に着いたら徒歩で甘木鉄道甘木駅に向かい、基山行きの列車に乗ります。同線の小郡~木山の区間は佐賀県ですが、二駅残すのも中途半端なので乗っておきましょう。基山から折り返してすぐの小郡で再び西鉄に乗り換え、大牟田まで特急で一気に南下します。大牟田からは鹿児島本線に乗り換えて県境を挟んだ隣駅荒尾まで行ってから鳥栖も含めた区間を一気に通過しましょう。博多に戻って一日目は終了です。

水都ラッピングの西鉄3000系

二日目・筑豊鉄道網その一

遠い親戚が東北のほうにいまして・・・

今日はまず小倉へ向かうのですが、少し変則的なルートで向かいます。鹿児島本線ではなく、福北ゆたか線で直方を経由していきましょう。運が良ければ折尾まで一直線で行けますが、基本直方乗換だと考えてください。とりあえず直方に着いたら小倉・・・ではなく筑豊線若松方面に乗り換えましょう。盲腸線ですが若松駅にほど近い大橋通り停から若戸大橋を経由して小倉へ抜けるバスが出ているのでそれに乗りかえて小倉に向かいます。(時刻表)

赤字転換三セクにしては複線区間が多い平成筑豊鉄道

小倉からは日豊本線に乗り換えて行橋に向かい、平成筑豊鉄道に乗り換えましょう。油須原、田川伊田を経由してちょうど一時間で金田駅に着いたら一度駅に降りて田川後藤寺方面に乗り換えます。日田彦山線で先ほど通過した田川伊田へ一駅で戻ることが出来ますが、時間的に往復したほうが楽なのでおとなしく金田へ戻りましょう。金田で再び直方方面に乗り換えて、20分で直方に着きます。

これでも博多、小倉と同じ県にある駅なのだ

直方駅の改札を出て北へしばらく歩き(ルート地図)、軌道線では珍しい高架駅の筑豊直方駅から筑豊電鉄に乗り換えて鹿児島線黒崎駅へ向かいます。黒崎の隣八幡駅で皿倉山ケーブルカーに接続するシャトルバスが出ていますので乗りましょう。ちなみに無料です。皿倉山ケーブルカーの上にも展望台へ続くスロープカーが出ています。せっかくなので併せて往復しましょう。

日本最西端のケーブルカー

八幡駅に戻ってきたら再び小倉方面を目指します。小倉の隣駅門司駅から下関駅までの山陽本線関門トンネル区間は九州の管轄なので乗っておきましょう。そんなに長い距離ではありません。下関から西日本の山陽本線に乗り換えたら幡生の隣新下関で新幹線に乗り換えて、再び関門区間を新幹線で通過しながら博多へ戻ります。(これらの関門区間を山口県攻略の時に乗った方は飛ばしても良いです)博多からは一度改札を出てから博多南線に乗りかえて、博多南まで往復します。これで二日目は終了です。

日本一豪華な通勤列車。一駅わずか300円!

三日目・筑豊鉄道網その二

今日は普通に鹿児島本線で小倉へ向かいます。小倉から日田彦山線直通の添田行に乗りましょう。添田から先は代行バスとなっていますがまだこの時間では乗りません。田川後藤寺まで折り返したら今度は後藤寺線で新飯塚へ抜けます。新飯塚から福北ゆたか線で3駅先の桂川駅で、原田線と呼ばれている筑豊本線原田方面に乗り換えます。ですがこの路線は極端に本数が少ないので時間には注意しましょう。原田で鹿児島本線に乗り換えますが、日田で確実に日田彦山線代行バスに乗り換えるため途中の鳥栖で久大線直通の特急に乗り換えて日田へ向かいます。

九州観光特急の先駆けゆふいんの森

日田からは日田彦山線代行バスに乗ります。夜明から添田までの区間はBRTとして復旧することが確定したので鉄道としては二度と乗れません。JRおよび鉄道会社のBRT路線は全て鉄道路線扱いで攻略対象とします。代行バスは添田で必ず小倉方面の列車に接続するので余裕をもって乗継できます。小倉行の列車に乗るのですが、小倉では下りずに志井公園という駅で降りて下さい。志井公園から出た先の国道を小倉方面に歩くと北九州モノレール企救丘駅にたどり着きます。そこから小倉までモノレールで戻り、鹿児島本線で博多へ帰ります。これにて三日目は終了です。

このくらいのバスでも空席が出るくらいこの区間は客がいない
志井公園とは規模も本数も大違い。負けているのは値段だけ

四日目・北部九州大回り

四日目は九州新幹線で福岡県区間を通過しながら熊本駅に向かってください。熊本からは豊肥本線の特急あそぼーいに乗り換えて大分へと抜けます。大分若しくは別府からは特急ソニック又はにちりんシーガイアに乗り換えて小倉へ急行し、日豊本線の残りの福岡県区間を一気に通過します。

同じ300円でトロッコ列車から新幹線にも乗れる福岡県

小倉駅に着いたら鹿児島本線門司港へと向かいましょう。門司港駅を降りたら隣に九州鉄道記念館があります。その近平成筑豊鉄道の門司港レトロ観光線が出ています。JRとの接続は取っていません。待ち時間の間に鉄道記念館を見学するのも良いでしょう。

下関に新車がやってくるのはいつのことか

門司港レトロ観光線に乗り換えて関門海峡めかり駅に到着した時点で、福岡県の鉄道路線は完乗です。実はこの駅から関門人道トンネルまでそう遠くありません。余った時間で関門トンネルを歩いてみるのも良いでしょう。(なお関門トンネルの山口側出口から下関駅まではバスで向かいます。時刻表)あとはそれぞれ好きに東京へ帰ってよいです。これで四日目は終了です。

福岡空港から帰るならぜひとも地下鉄で

攻略に役立つお得な切符(goto関連は除く)

※18切符以外のフリー切符名をクリックするとリンク先に飛びます。

  1. みんなの九州きっぷ(3月24日までの土休日連続二日)
  2. 旅名人の九州満喫切符(通年)
  3. ぐるっと九州きっぷ(通年)
  4. 青春18きっぷ(春夏冬の期間限定)

1はすべての行程で大いに威力を発揮します。土休日の連続二日限定、販売は旅行開始日の三日前までという制約が霞むくらいお得度が高い切符です。JR九州の全路線が有効範囲の上、新幹線・特急の自由席が期間中は乗り放題、そして快速も含めた指定席は6回まで指定可能という夢のような切符です。全九州版と北部九州版がありますがこの攻略では北部九州版が妥当でしょう。

2もやはりすべての行程で役に立ちます。JR九州の普通列車と九州内の全私鉄、第三セクターに乗ることが出来ます。三日間使えるのですが発売日から三か月間のうちなら連続でなくとも使えます。要は九州版18きっぷと考えてください。1と組み合わせればもう何も必要ないでしょう。なお、皿倉山ケーブルカー・スロープカーは利用できませんのでご了承ください。

3は1のデチューン版です。ただし1とは違って連続三日で平日でも利用できます。特急・新幹線、または快速指定席に乗る場合は別途特急券又は指定券を購入してください。

4は九州ではほぼ存在意義が薄れかけているJR各社が発売しているフリー切符です。このルールだけは薄れかけさせたくないのですが、この切符で特急・急行などの優等列車に乗ることはできません。特急・急行に乗る場合は別途乗車区間の運賃と特急・急行券を払いましょう。なお一応在来線扱いの博多南線でもこの切符で乗車はできません。往復600円くらいきっちり払いましょう。

実は小倉駅に直接来たのは割と最近

おことわり・連絡先

今回ご紹介した日帰り攻略法は、あくまでもミシンロボの経験に基づいたものとなっております。この方法を実践して何らかの被害を被った場合でも当記事及びミシンロボは一切責任を負いません。また、攻略目標路線の中には様々な事情で運休になる可能性もございますので、攻略に行く際は、各鉄道会社の公式サイトなどでの運行情報の確認をお願いいたします。

当記事内に誤字脱字がみられる、記事の情報が更新されている等のお気づきの点がございましたら、プロフィールに記載されてあるミシンロボのtwitterアカウントまで連絡お願いします。なるべくDMでお願いいたします。また、誹謗中傷目的などの悪質なDMはおやめください。

筑肥線のレア車、303系

関連攻略記事

※県名をクリックするとリンク先へ飛びます

九州地方

上記以外の隣接県