今回はなんと二つの県を一気に攻略します。というより、この両県は分割して攻略するとものすごく非効率です。セットにして攻略すると良いでしょう。なお佐賀県を通過している九州新幹線、鹿児島本線と甘木鉄道は今回の攻略では扱いません。当該区間につきましては福岡県攻略で攻略します。

情報整理

推奨出発駅

  • 博多

両県外発着路線

  • JR…九州新幹線、鹿児島本線、筑肥線
  • 第三セクター…甘木鉄道

両県内完結路線

  • JR…長崎本線、佐世保線、大村線、唐津線
  • 私鉄・第三セクター…長崎電気軌道、島原鉄道、松浦鉄道

日帰り可能エリア

  • なし

必要日数(泊数)

  • 3泊4日

攻略の流れ

接続はいいけど往復が多いから気を付けよう

佐賀・長崎の二県は路線数が少なく、加えて接続も良いので攻略にはそこまで時間は要さないでしょう。ですが、島原鉄道や松浦鉄道等長時間の乗車を強いられる区間もあります。気を抜かずに攻略しましょう。

一日目・平戸大回り耐久

九州唯一の103系。最近は地下鉄区間に入っていないようだ

一日目は博多からスタートですが、筑肥線で佐賀に入るため、市営地下鉄のホームから唐津行に乗ります。列車によっては西唐津まで行かない場合もありますので、唐津止まりの場合は西唐津行に乗り換えてください。なおその列車は折り返して唐津線久保田方面に向かうので改札をいったん出たらすぐに乗りましょう。

唐津線は基本キハ40系列

元々筑肥線と唐津線は山本駅でクロスするような線形でしたが、地下鉄直通による筑肥線の路線環境の変化によって東唐津~山本間は廃止となり、両線ともに唐津・西唐津発着となりました。そのため筑肥線は唐津で唐津線に合流して山本から再び分岐する少し変な線形になっています。唐津線は山本駅から分岐する筑肥線をアンダークロスして、長崎本線久保田駅に到着します。

筑肥線の非電化区間はキハ125系が担当

久保田駅からは長崎本線に乗りますが二駅先の佐世保線との分岐駅、肥前山口駅ですぐ下車します。ここから佐世保線の特急で一気に佐世保に向かいます。途中で長崎新幹線の暫定的な始発駅となる武雄温泉や早岐駅を通過します。なお列車は一度早岐駅で向きを変えるので気を付けましょう。

特急らしくないフェイス

後ろ向きで佐世保駅に到着しました。JRとしてはこの駅が日本最西端となっていますが、本当の日本最西端駅はここから乗り換える松浦鉄道のたびら平戸口駅となっております。松浦鉄道の伊万里行きに乗り換えるのですが、松浦鉄道は第三セクターの中でもそこそこ駅が多く、加えて路線長も長いです。そして、松浦鉄道自体優等列車の設定がありません。おとなしく二時間半耐え抜きましょう。

伊万里行きは毎時一本でやってくる

日本最西端の駅やら松浦駅やらを通過しながら二時間半耐えきって伊万里までやってきました。ですがまだ松浦鉄道は終わりません。佐世保線有田駅までの路線も乗っておきましょう。ちょうど一時間くらいで済みますし先ほどの区間より楽なのでのでサクッと往復しておきましょう。有田まで往復して伊万里に戻ってきたら、今度は道路を挟んで向かい側にある筑肥線に乗って唐津駅に戻ります。

なんだそのスカスカダイヤは

もともと伊万里駅はJR、松浦ともに同じ駅から発着していたのですが、両線直通運用がなくなったことと、周辺道路の混雑緩和の為、伊万里駅は道路によって真っ二つに分かれてしまいました。なお両社伊万里駅を連絡するには道路上にかけられた連絡通路を渡ってください。なお筑肥線は松浦とは違いスカスカのダイヤですのでしばし待ち時間があると思います。その間に松浦側に伊万里焼きの展示館があるので見学してみるのも良いでしょう。

無茶苦茶豪華な椅子。座りづらい…

筑肥線で松浦川と並行しながら山本に戻ってきました。すぐ横から東唐津方面に分岐する緩いカーブの道路こそかつての旧筑肥線です。筑肥線の列車はすべて唐津方面に直通するのでそのまま唐津まで乗りましょう。唐津からは筑肥線で博多へ帰ってもいいですが、単純往復が嫌な方は高速バスで博多に戻るのも良いでしょう。(時刻表)これで一日目は終了です。

そんなこと言わずに鉄道で帰ったほうが楽だぜ?

二日目・私鉄に見えない私鉄たち

二日目は少々早い時間の博多からスタートです。まだ日が上がってないうちに特急かもめで残りの佐賀県区間を一気に通過します。このまま長崎に向かいたいところですが、いったん途中の諫早駅でおりましょう。ここでも長崎新幹線の工事が進んでいます。諫早駅からは大村線に乗って早岐駅を目指しましょう。そこそこ速いシーサイドライナーで往復すれば二時間もかかりません。

旧長崎本線なめんな!

再び諫早駅に戻ってきましたが今度は歴史ある私鉄島原鉄道に乗って島原外港を目指します。島原外港までは往復二時間くらいとわりかし長めなので気を付けましょう。並行バスはありません。なお島原外港から大牟田駅の近く三池港までのフェリーが出ていますが、時刻的にあまりお勧めしません。長崎本線諫早以西と長崎市電をすべて攻略済みの方のみ使用してください。なおこのフェリーの切符売り場では西鉄福岡までの連絡切符が販売されております。(時刻表)

本当に悪いのは復旧しても乗ろうとしない傲慢な客

かつて島原外港から先加津佐駅まで路線が伸びていましたが、雲仙普賢岳の噴火の影響で廃線となってしまいました。原因の雲仙普賢岳は何食わぬ顔でそびえたっています。恨めしそうに見上げていたら折り返しの列車がやってきたので諫早へ戻りましょう。

かもめでビューンと

諫早に戻ったら再び長崎本線の攻略に戻ります。ここから同線は大村湾に沿って浦上に向かう旧線ルートと喜々津から分岐してトンネルで山を貫き浦上までまっすぐ向かう特急街道の新線ルートに分かれています。まずは新線ルートで長崎へ直行しましょう。新幹線工事前はそこまででもなかったのですが新駅舎に移行してからは長崎電軌との乗り換えが少々長くなってしまいました。ですので、比較的接続の良い浦上へいったん戻ってそこから長崎電軌に乗り換えても構いません。

長崎ではなく浦上接続のほうが楽だぜ

長崎電軌はいろいろ系統がありますがまずは蛍茶屋に向かう第三系統に乗車してください。蛍茶屋からは折り返して石橋に向かう第五系統に乗りましょう。石橋から崇福寺に向かうため再び折り返すのですが、必ず浜町アーケードから第四系統で向かってください。新地中華街から乗り換えるルートは戻りで赤迫に向かうとき必ず通ります。なるべく重複区間を少なくしましょう。崇福寺からは第一系統に乗って一気に出島、浦上を通過して赤迫停留場に向かいます。赤迫に着いたら再び折り返して浦上に向かいます。

まだ地上だったころの浦上駅

長崎電軌を乗りつぶし終えて、浦上でJRに乗り換えます。コンビニが改札も兼ねている珍しい改札を通って、ホームに着いたら先ほど乗ってきた新線経由ではなく、大村湾に沿って走る旧線ルートで諫早に戻りましょう。一年を通して比較的穏やかな内海、大村湾を眺めながら走るときっと心が落ち着くでしょう。喜々津到着時点で長崎・佐賀県は完乗ですが、諫早から出ないと特急には乗り換えできないのでそのまま諫早まで乗っていきましょう。諫早から特急かもめで博多に戻り、そこから各々の手段で東京に戻ります。これで二日目は終了です。

攻略に役立つお得な切符(goto関連は除く)

  1. みんなの九州きっぷ(3月24日までの土休日連続二日)
  2. 旅名人の九州満喫切符(通年)
  3. ぐるっと九州きっぷ(通年)
  4. 青春18きっぷ(春夏冬の期間限定)

1はすべての行程で大いに威力を発揮します。土休日の連続二日限定、販売は旅行開始日の三日前までという制約が霞むくらいお得度が高い切符です。JR九州の全路線が有効範囲の上、新幹線・特急の自由席が期間中は乗り放題、そして快速も含めた指定席は6回まで指定可能という夢のような切符です。全九州版と北部九州版がありますがこの攻略では全九州版が妥当でしょう。

2もやはりすべての行程で役に立ちます。JR九州の普通列車と九州内の全私鉄、第三セクターに乗ることが出来ます。三日間使えるのですが発売日から三か月間のうちなら連続でなくとも使えます。要は九州版18きっぷと考えてください。1と組み合わせればもう何も必要ないでしょう。

3は1のデチューン版です。ただし1とは違って連続三日で平日でも利用できます。特急・新幹線、または快速指定席に乗る場合は別途特急券又は指定券を購入してください。

4はJR各社が発売しているフリー切符です。佐世保線の早岐~佐世保相互間のみ特急に乗ることが出来ます。この区間外まで特急に乗車した場合、乗車区間分の運賃と特急料金を払うことになります。それ以外の区間でこの切符で特急・急行などの優等列車に乗ることはできません。特急・急行に乗る場合は別途乗車区間の運賃と特急・急行券を払いましょう。

ああ恨めしき雲仙普賢岳
(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

おことわり・連絡先

今回ご紹介した日帰り攻略法は、あくまでもミシンロボの経験に基づいたものとなっております。この方法を実践して何らかの被害を被った場合でも当記事及びミシンロボは一切責任を負いません。また、攻略目標路線の中には様々な事情で運休になる可能性もございますので、攻略に行く際は、各鉄道会社の公式サイトなどでの運行情報の確認をお願いいたします。

当記事内に誤字脱字がみられる、記事の情報が更新されている等のお気づきの点がございましたら、プロフィールに記載されてあるミシンロボのtwitterアカウントまで連絡お願いします。なるべくDMでお願いいたします。また、誹謗中傷目的などの悪質なDMはおやめください。

ハウステンボス。

関連攻略記事

九州地方

長崎までオールロングで耐久出来るか?

アンケートのお願い(30日まで)

この度ミシンロボは読者の皆様に向けてTwitterのアカウントにてアンケートを実施しております。

アンケートの回答内容は今後の記事の参考にさせていただきます。

皆様の回答をお待ちしております。

アンケートはこちらから

黄昏の大村湾