四国地方のほぼ半分の面積を占めるこの両県もまとめて攻略しましょう。同地方攻略の要はこの両県を攻略できるかどうかにかかってます。なお先に徳島攻略を終わらせておくとものすごく楽です。理由は後述。

情報整理

推奨出発駅・電停

  • 岡山駅
  • 松山駅
  • はりまや橋電停

両県外発着路線

  • JR…土讃線、予讃線
  • 第三セクター…阿佐海岸鉄道

両県内完結路線

  • JR…内子線、予土線
  • 私鉄、第三セクター…伊予鉄道、とさでん交通、土佐くろしお鉄道

日帰り不可能エリア

予土線全線、土佐くろしお鉄道宿毛線

必要日数(泊数)

2泊3日

※阿佐海岸鉄道は徳島県攻略の時に攻略済みの為省略とする。

攻略の流れ

ほぼほぼ一筆ルート。盲腸線もあまり気にならない。

この両県は四国の中でも比較的鉄道の整備が遅かったこともあって全体的に少ない傾向にあります。そして本数もされなりに少ないです。特急が走ってる区間ならまだしもそれ以外の区間は列車の感覚が日に3時間も開く路線も…でも接続はそこまで悪くなさそうなので時間を気にする必要はなさそうです。

一日目・怒涛のオレンジ伊予鉄道

一日目は岡山からスタートです。予讃線特急しおかぜに乗ってそのまま松山まで向かいましょう。宇多津を通過して、川之江駅を通り過ぎたらそこから愛媛県区間です。瀬戸内海を右に見て列車は伊予西条、今治を通り過ぎ、岡山から2時間半くらいで松山に到着します。松山からは改札を出て少し離れた松山駅前電停からとにかくどぎついオレンジ車体の伊予鉄市内線第二系統に乗り換えて松山市駅へ向かいましょう。

伊予鉄道の看板列車、坊ちゃん列車。SL風のディーゼル機関車だそうだ

伊予鉄道は路面電車を市内線、普通の電車を郊外線と呼んで区別しています。JRの駅よりもかなり栄えている松山市駅に着いたら郊外線の一つ、郡中線に乗り換えて郡中港駅を目指しましょう。伊予鉄道の郊外線でJRと並行しているのは郡中線ただ一つです。そのため予讃線は、民営化直後の電化開業の際に郡中線対策として並行する伊予市まで電化しました。ですがやはり市街中心部に近いのは松山市駅。松山駅は少々町から外れた場所にあるので、いくら安いと言ってもみな市内直通の伊予鉄を使ってしまいます。事実郡中線を含め伊予鉄郊外線は全日二両なのに対し、JRは特急を除けば基本一両です。

郡中線には唯一全身オレンジ化を免れた編成がいる

郡中港に着いたら国道を渡ってすぐそばにJR伊予市駅があります。そこから特急宇和海に乗り換えて内子線経由で伊予大洲に向かいましょう。伊予大洲からは30分おいて、折り返す形になりますが予讃線経由で伊予市に戻ります。内子線はもともと予讃線五郎駅から内子までを結ぶ小さなローカル線だったのですが、海側を回る予讃線のスピードアップのため、比較的直線ルートの内子線を鉄建公団が線形から路線規格までかなり大掛かりな改良を行い、今の形になりました。特急宇和海などの大多数の列車は規格も線形もいい内子線ルートを経由します。

予讃線専用の四国7000系。島根の一畑電車に遠い親戚がいる

内子線改良によりメインルートから外されてしまった予讃線向井原~伊予大洲間ですが、この路線は海岸にギリギリまで迫って走るため、天気が良いと風光明媚な瀬戸内の海を望みながら走ることが出来ます。そのためJRは観光路線としてこの区間を宣伝し、観光シーズンにはよくこの区間を経由する臨時列車を走らせています。特に下灘駅はJRで一番海に近い駅として有名で、夏は観光客が18切符片手に同駅に下車する光景が良く見られます。しかし私たちはあくまでも完乗が第一目標ですので車窓から眺めるだけにしておきましょう。そんなこと言っていたらもう伊予市に着いたようです。

貴重な伊予鉄道オリジナル車両、610系。この電車以外はみな京王からの譲渡車。

伊予市からは松山方面の列車に乗り換えて松山に戻りましょう。もし伊予大洲から乗ってきた列車が松山行きであれば乗り換える必要はありません。そのまま松山駅まで向かいます。松山に着いたら再び伊予鉄市内線に乗るのですが今度は松山市駅方面ではなく、古町方面に向かってください。古町電停で下車して、すぐ隣のホームから発着する伊予鉄郊外線、高浜線に乗り換えて高浜までサクッと往復しましょう。なおこの路線は三つ目の郊外線、横河原線と直通運用を組んでいます。高浜から折り返してきた足でそのまま横河原にもサクッと往復して松山市に戻りましょう。

ステンレスの車両までオレンジ一色にするとか拘りが強すぎる

松山市に戻ってきたら伊予鉄市内線の第三系統に乗り換えて道後電停まで向かいましょう。もし時間があるならここで一風呂浴びるのもいいです。道後温泉からは上一万電停まで戻ってから、市内線第二系統に乗り換えて古町までの未乗区間を乗りつぶしておきます。なお古町では下りずに松山市まで戻ったら、残りの第六系統に乗り換えて先ほどとは違うルートで本町六丁目電停に戻ります。これで伊予鉄は完乗です。もういい時間ですので松山か松山市駅の近くのホテルに泊まり、明日に備えて寝てしまいましょう。これで一日目は終了です。

二日目・鉄建公団線Wセット

二日目は松山駅からスタートです。8時に出る特急宇和海で宇和島へ向かいましょう。宇和島からは予土線に乗り換えるのですがあまり時間がないので急いで乗り換えます。本来宇和島の北にある北宇和島から予土線は分岐しているのですが、便宜上全列車宇和島発着となっております。普通の切符で乗車している場合は気を付けましょう。北宇和島から分岐した予土線は高知県の江川崎駅までのんびり走ります。もともとこの路線の北宇和島から吉野生までは軽便鉄道として開通した区間で、あまり線形も良くはありません。極端な速度制限が続きます。なお真土駅までが愛媛県の駅で、西ヶ方からは高知県となります。西ヶ方駅到着時点で愛媛県は完乗です。

国鉄の置き土産ことキハ54。四国と北海道にそれぞれ配置された

江川崎までのんびり走っていた列車は突然狂ったように速度を上げ始めました。さっきまで40キロ程度でカーブも多かった路線が同駅からはトンネルやら橋梁やら使って四万十川と山脈を貫く高規格な路線になっています。察しのいい皆さんならもうお分かりかと思いますが、江川崎から若井駅までは鉄建公団が建設して開通させた区間です。さっきまでのトロトロ感は嘘のようにこの区間は気動車の持てる最高速度をフルに出している感じがするとても爽快な走りっぷりを見ることが出来ます。

この半家ーっ!!

なお土休日の場合、この時間帯の一部列車は江川崎から土佐大正までトロッコ車両を連結する、しまんトロッコとして運転する場合があります。その際少々速度を落として運転するので時刻が少し遅くなりますので気を付けましょう。なお窪川到着時刻は変わりません。せっかくの鉄建公団線なのでぶっ飛ばすところを見てみたい方は平日にこの路線を攻略しましょう。そんなこと言ってたら若井駅に到着したようです。この列車はこの先の窪川まで直通しますがここから窪川までは土佐くろしお鉄道中村線の区間となりますので別途210円の運賃が必要になります。

鉄建公団線には振り子特急が似合う!

窪川に着いたらいったん改札を出て、土佐くろしお鉄道の改札から特急あしずりに乗って中村まで一気に下りましょう。先ほどの若井駅を通り過ぎると、予土線の隣に巨大なループ線が見えてきま。列車はそのループ線を下って中村方面へと抜けていきます。田舎路線にしてはあまりにも高規格過ぎる路線を、まさにこの線を走るために生まれてきたような気動車、四国2000系で走り抜けるのは爽快です。軽快な走りっぷりに見とれていたら30分くらいで中村駅に着きました。ここからさらに宿毛まで宿毛線が伸びていますのでサクッと往復しましょう。

これでもあなた最高速度100キロ越えの車両よ?

中村に戻ってきたら再び特急あしずりに乗って窪川まで戻り、その足で土讃線を高知まで乗りつぶしましょう。高知駅に着いたら改札を出て、駅前から出ているとさでん交通南北線に乗り換えて桟橋通り5丁目までサクッと往復しましょう。ですが高知駅までは戻らずに、途中のはりまや橋でとさでん交通東西線伊野方面に乗り換えてください。伊野まで直通する便に乗れたらいいのですが、まれに途中の鏡川橋で接続を挟む場合があるので注意しましょう。JRのほぼ3倍の時間をかけてとさでん伊野電停に到着したらそこから徒歩圏内のJR伊野駅に向かい、(ルート地図)土讃線で再び高知に戻ります。が、高知では下りずに、一度後免駅まで乗り通してから高知に折り返してください。そのころにはもういい時間になっていますのではりまや橋周辺のホテルで泊まって寝てしまいましょう。これで二日目は終了です。

はりまや橋付近にて。この交差点でとさでん名物のトリプルクロスを見ることが出来る

三日目・盲腸線でごめん!

三日目は高知の中心はりまや橋からスタートです。とさでん交通東西線に乗って後免町駅まで目指し、後免町から土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗り換えて奈半利まで向かいましょう。この路線はもともと安芸駅まで伸びていた土佐電鉄安芸線の路盤を流用するような形で鉄建公団によって着工しましたが、国鉄再建法で建設が凍結されたいつものパターンの特定地方交通線です。本来は奈半利駅を超えて、室戸岬経由で甲浦からの阿佐海岸鉄道につながる長大路線として計画されましたが結局奈半利以東は着工されず、奈半利と甲浦はつながることはありませんでした。いまでは同区間はバス乗継で接続となっています。ちなみにこのごめん・なはり線が、鉄建公団最後のAB線規格建設路線でした。

このごめんなはり線の車両、クロスシートの背ずりがものすごくでかい。

この路線は特急が直通する中村・宿毛線とは対照的に普通列車しか運転されていません。ですがやはり腐っても鉄建公団線、この線の為だけに用意された車両が余裕で100キロ出して通過していきます。しかも土讃線から直通してくる快速は110キロ近くもの速度を出すこともあるとか…特急はしばらくいらなさそうです。一応四国2000系は入線実績があるそうです。そういっているうちにデカいトラス橋を渡り、奈半利駅に到着しました。甲浦方面へはバス同士の乗り継ぎで連絡していますが、阿佐海岸鉄道は徳島攻略の際に乗車済みの為今回はパスしましょう。奈半利から後免に折り返し、後免町から後免までの未乗区間もついでに乗りつぶしておきましょう。

ついに南風、しまんと引退が決定した四国2000系。乗り納めはお早めに

後免駅に到着したらそのまま特急南風に乗り換えて、土讃線の残りの未乗区間を一気に通過します。大歩危駅に到着した時点で高知県は完乗です。特急に乗ったまま土讃線を北上して、瀬戸大橋を渡って岡山に向かいます。岡山に着いたらまだお昼過ぎですが飯でも食ってから東京に帰りましょう。これで三日目は終了です。

攻略に役立つお得な切符(goto関係は除く)

※18切符以外のフリー切符名をクリックするとリンク先に飛びます。

※各私鉄・三セクのフリー切符は省略。

  1. 四国フリーパス(発売日から連続三日間、通年)
  2. たびきっぷ(特定の期間を除く連続五日間、通年)
  3. 青春18きっぷ(春夏冬期の期間限定)

1はJR四国全線と特急自由席が乗り放題の切符です。すべての行程において大いに役立ちます。なおこの切符はあくまでも四国内限定となっておりますので、瀬戸大橋線の岡山から児島間の運賃と特急券は別途券売機か車内で購入しておきましょう。なお第三セクター線は土佐くろしお鉄道の窪川ー若井間のみ乗車できます。

2はJR東海が発売している、名古屋から岡山までの往復新幹線と瀬戸大橋線全線と第三セクター線を含めた四国全路線が乗り放題の切符です。役に立たないわけがありません。日帰りで使うよりも宿泊で使うと便利です。この切符は旅行開始日の前日までの販売となっておりますのであらかじめJR東海の窓口などで購入しておきましょう。

3は下灘駅に降りる人は必ず持っているJR各社が販売しているフリー切符です。普通列車だけの区間では説明の必要はないと思われますが、この切符では特急・急行及び第三セクターには乗れません。別途乗車区間の運賃と特急、急行料金が必要です。土佐くろしお鉄道若井ー窪川間も同様です。別途その区間の運賃(210円)を払いましょう。

四国の高性能気動車キハ1000系。徳島の同型と違って青い帯を巻いている

関連攻略記事

四国地方

上記以外の隣接県

奈半利駅前。その高さ故、津波避難ビルに指定されている

おことわり・連絡先

今回ご紹介した日帰り攻略法は、あくまでもミシンロボの経験に基づいたものとなっております。この方法を実践して何らかの被害を被った場合でも当記事及びミシンロボは一切責任を負いません。また、攻略目標路線の中には様々な事情で運休になる可能性もございますので、攻略に行く際は、各鉄道会社の公式サイトなどでの運行情報の確認をお願いいたします。

当記事内に誤字脱字がみられる、記事の情報が更新されている等のお気づきの点がございましたら、プロフィールに記載されてあるミシンロボのtwitterアカウントまで連絡お願いします。なるべくDMでお願いいたします。また、誹謗中傷目的などの悪質なDMはおやめください。