JR東日本E235系1000番台

昨年12月21日から運行を開始した総武快速の新型車両。最近は電連が無い編成が登場した等、まだまだ話題がつづいている。

いずれはE217系を全て置き換える

JR東日本E131系

房総地区の末端区間や鹿島線等で運行を今年のダイヤ改正から運行を開始するワンマン対応車。千葉県内の電化JR線では初のワンマン運転をする。

車体帯色も209系とは別になった

京成3100形

2019年秋に登場した京成の最新車両。座席がスーツケース置き場になったりと、他社では見れない仕様も見ることが出来る。今の所はスカイアクセス線用のみ運用されており、本線用はまだ登場していない。

オレンジの帯が目立つ
(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

小湊鉄道キハ40

これは新車…?と思う方も居ると思うが紹介。JR只見線で運行されていたキハ40が譲渡されて小湊鉄道にやってきた。運行開始は本年4月ということで、バリエーションが増えるのが楽しみだ。

譲渡直後のキハ40 現在は様々な点で小湊仕様になった

まとめ

京成・JR共に成田空港へ向かう新型車両が運行されたり、千葉県内では新型車両の運行が各社で始まっている。

しかしそれは今までの車両の廃車も始まるということでもある。新型車両のみならず、今までの車両も記録しておきたいところだ。