ここ最近の鉄道車両は、コストダウン等の理由結構似た顔を持つ車両が増えています。分かりやすい例としたら、JR西日本の207系と321系などでしょうか…(あくまで個人的に)

北海道でも見た目がそっくりな通勤型電車が4種類あります。今回はそれぞれで異なる点などを解説していきます。

1.731系

731系は1996年にデビューしたJR北海道初の通勤型車両です。

従来の仕切り扉を廃止し、全車オールロングシートの採用により、加速力が劣り最高速度が低く、着席人数が少ない等の欠点を持つ711系を一部置き換え、札幌都市圏の混雑緩和・速達化に貢献した車両です。

車体軽量ステンレス製で、ドア付近にエアカーテンを設置、また半自動ボタンも設置するなどして、北海道ならではの冬季対策も施されています。731系は、気動車と協調運転できる日本唯一の車両です。(後述の735系、733系では気動車との協調運転ができません)正面帯赤色側面帯萌葱色赤色で、種別幕側面幕幕式です。731系は、車体傾斜装置を搭載していませんが、後述のキハ201系と共通設計のため、車体側面上部を他の通勤・近郊型車両より少し絞っています。そのため、車内のスペースは少し狭いです。座席は紫色主体のロングシートが並んでいます。(優先席は後年オレンジ色のモケットに交換しています)

また、731系は1997年にローレル賞受賞しています。

2.キハ201系

キハ201系は1997年に札幌近郊の電化区間と、非電化の小樽以西の直通需要が多い事から製造された気動車です。

基本設計は731系とほぼ同じですが、正面帯青色側面帯萌葱色青色です。定格出力450psのハイパワーエンジンを1両に2基搭載し、また731系と遜色ない性能にする為に、新たに川崎重工業で開発された、振り子式車体傾斜装置よりコストが安い空気バネ式車体傾斜装置を搭載しています。

余談ですが、キハ201系をベースにキハ261系が開発されました。

3.735系

735系は近年増えているアルミ合金製車両の北海道導入にあたり、試作車として2010年に製造されました。

731系を基本に設計されましたが、車体アルミ合金製で、バリアフリーに対応するために低床化・ドアのステップレス化(731系やキハ201系には乗降ドア部分に段差がありました。しかし735系では連結部分の段差は解決できていません)、全電気ブレーキの採用など改良が加えられました。正面帯萌黄色で、側面無塗装となっています。また、735系から製造される通勤形車両は、種別幕側面幕LED式になっています。 車体傾斜装置を搭載しないため、731系のような車体側面上部が絞っている構造を廃して車体側面上部垂直になる構造になっています。(しかし車体幅は変わっていません)半自動ボタンは、押しやすいものになりました。

2010年度と11年度に試験が行われましたが、量産車となる後述の733系にはアルミ合金製が採用されませんでした。

(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

4.733系

733系は2012年に学園都市線一部電化にあわせ、札幌都市圏輸送力増強を目的にデビューした車両です。

2014年に快速エアポート向けの3000番台、2016年にははこだてライナー向けの1000番台がデビューしています。

731系の基本設計をもとに製造されましたが、バリアフリーなどに対応するなど進化も見られます。正面帯萌葱色で、側面帯萌葱色です。(1000番台は正面帯はラベンダー色、側面帯は萌葱色とラベンダー色です)また、733系では車体側面強度向上され、車体幅も731系・735系より広くなりました。座席は、モケットがこれまでの紫色主体から北海道の草原をイメージした緑色優先席オレンジ色と、デザインが改善され、優先席の識別もしやすくなり、ユニバーサルデザインに対応しています。

あとがき・その他

このように、見た目はほとんど同じでも中身は結構違う車両は全国にかなりいます。これを機に全国にいる他の似た車両同士を比較してみるのもいいのかもしれません。

誤字脱字、誤植、またはその他意見・要望などがある際は、僕のTwitterDMまで気軽にお越しください。

誹謗中傷はおやめください。

ご覧いただきありがとうございました!