またまた某なんでも実況版みたいなタイトルで申し訳ないのですが、今日はいよいよ岩手県北バスが宮古盛岡横断道路開通によるダイヤ改正を行う日です。今回の改正で、山田線はますます存在意義が薄れていくのは必至です。この記事は前回の記事の続編的内容になっていますのでそちらの記事を読んでからこの記事を読むことをお勧めします。

前回の記事

鉄道は早くても2時間、バスなら1.5時間に

前回も少し触れたと思うのですが、去る3月最終日曜日に全通した宮古盛岡横断道路は山田線に並行する国道106号線のバイパスの役割を担っています。同都市間での一番の難所、区界峠やその他急カーブ区間等を高規格のトンネルでショートカットしているので、地図上で見ればほぼ直線ルートを描いています。公式の発表によると、今回の全通で宮古盛岡間の最速所要時間が約96分に短縮すると見込まれています。

あ、山田線もう終わりだな

これに合わせて国道106号で急行/特急バスを走らせている岩手県北バスもルートとダイヤ編成を変更。従来は急行バス主体のダイヤだったのに対し、今改正では急行/特急の比率がおおよそ5:6となり、特急バスが全区間横断道路を通過する形となります。宮古盛岡間の所要時間も40分ほど短縮され、最速で95分で同都市間を結びます。参考として、いまだ区界峠を急坂で越えている山田線の最速達列車、快速リアスの所要時間が最速で129分くらいです。ただでさえ少ない利用者がますます流れていきそうです。

今日からの106特急/急行バスの時刻表

公式サイトより、文字をクリックするとリンク先の画像に飛びます。

オワコンの事を山田線っていうのやめろ!

エイプリルフールではありません!現実から逃げるな

そういえば今日はエイプリルフールです。今回の記事ももしかしたら真っ赤なウソ…と淡い期待を抱いた山田線ファンの皆さんには申し訳ないのですが、エイプリルフール要素は一切入っておりません。悪しからず。そんなこと考える暇があったら今度いつ山田線に乗り納めに行くか考えたほうがまだ良いでしょう。

(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

EX.山田線の乗り納めは日帰りで!

山田線の乗り納めをするならせっかくですので他の路線も攻略したいですよね?

そんなあなたにおすすめなのが日帰り攻略!

この岩手県日帰り攻略は三陸の路線がメインとなっていますので山田線や他の三陸の路線、そしてBRTも乗りつぶしておきたいあなたにはうってつけ!岩手県のみならず東北・関東・中部・近畿地方の攻略記事も揃えております!

お金と時間に余裕のある人はぜひ日本全国日帰り攻略に挑戦してみましょう!

おことわり・連絡先

当記事内に誤字脱字がみられる、記事の情報が更新されている等のお気づきの点がございましたら、プロフィールに記載されてあるミシンロボのtwitterアカウントまで連絡お願いします。なるべくDMでお願いいたします。また、誹謗中傷目的などの悪質なDMはおやめください。