最近、踊り子に使用されるE257系がボロボロだと話題になることがあります。

たとえば、こちらのツイート。リニューアル工事を受けたばかりのE257系のドアが故障しており、ドアの取っ手の塗装も剥げているように見えます。このようにボロボロさが目立っているE257系を、JRがその非を認めた(?)と思われる文章が発見されました。

労組資料に気になる記述

JR東労組の高崎地本のHPに掲載している「地本FAXニュースNo.140」に気になる記述がありました。それが、こちら。

労組側から、会社に「E257系2000番台のドアを更新してほしい。また、更新後の不具合箇所について今後の対策を示してほしい(意訳)」という要望が出され、それに対する会社側の回答が示されています。特に注目すべきなのは、赤線の部分です。「状態が良くないことは把握している」、「様々な不具合箇所も含め把握している」という記述があります。これは、「E257系がボロボロであることは知っている」という風に取られても仕方のない内容の記述です。また、「把握している」とあることから、「E257系がボロボロである」ということを、JRが認めたといっても差支えがないと考えられます。

ドアに故障があると、それは安全運行に支障をきたすことにつながります。また、車内の不具合箇所についても、車内サービスの質の低下の一因となります。ですから、今後の会社側の対応が注目されます。

最後に

この記事を気に入っていただけましたら、シェアボタンから各種SNSへのシェアをよろしくお願いいたします。労組の資料には、結構重要なことが記されていたりしますので、より深い鉄道情報を知りたい方は労組資料を読むことをお勧めします。

(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

関連記事