日韓W杯以来の夜行新幹線設定

今日の15時ごろ、JR東日本が東京オリンピック開催に合わせて各競技開催エリアの路線の臨時列車の設定を発表しました。その中には東北新幹線も含まれており、中には終電よりも遅く仙台を発車し、早朝深夜に東京駅に到着する列車も設定されています。いわゆる夜行新幹線です。令和では初の設定となります。

こういう列車こそE4系の出番だと思うんだが…?

夜行新幹線は定期列車ではないものの国を挙げたイベントが開催される時にしばしば設定されています。最近の事例としては2002年の日韓ワールドカップの際の東海道新幹線と上越新幹線に試合の延長に合わせて何本か夜行新幹線が設定されていました。そしてそれから19年後、東京オリンピック輸送強化の名のもとに久しぶりに設定されたのです。

五日だけの夢

東京方面の夜行新幹線設定日は7月の21、24、27、28、31の断続した五日間に設定されています。そのうちやまびこ244号と402号は31日のみの設定、そしてこの中で一番遅い便であるやまびこ422号は31日には設定がありません。

なお盛岡方面はやまびこ411号と413号の二本が設定されていますが、411号は31日のみの設定となっていますので注意しましょう。

最近の東日本らしからぬ全車自由席

これらすべての夜行新幹線はE5系が使用されます。10両編成の内グランクラスとグリーン車を除き全車自由席となっていますが、グランクラスとグリーン車はこの列車では利用できないので実質8両編成となっています。グリーン車、グランクラス利用で東京方面へ行きたい方はこれら以外の定期・臨時便を使うことをお勧めします。

混雑してもしなくても感染対策の徹底を

このご時世の東日本では珍しく全車自由席という設定の夜行新幹線。とても話題性のある列車だけあって五輪の観客とこの列車目当てでやってくる一部の「通」の方々が殺到して混雑し、密が発生する可能性があります。混雑しなかったらそれはそれでいいのですが、もしこの列車を利用して東京方面、または盛岡方面に行く際は手洗い・うがい・マスク、そして手指の消毒などの感染対策を徹底してください。

乗り鉄の皆様へ

この列車は定期列車で使用される車両とほぼ同じE5系です。この列車で乗らなくても乗車チャンスは十分ありますし、料金も定期便で乗るときと大して変わらないので無理に狙って乗車してもあまり意味ないと思います。E5系には定期列車で乗りましょう。