今回の記事は下記の記事の続編的な内容になっています。

「予定」から「決定」へ

5月末に北条鉄道がJR東日本のキハ40系の譲渡を検討しているとの方が入り、界隈をにぎわせましたが、今日未明に東日本から北条鉄道への譲渡が正式に決定しました。キハ40を導入するに至った経緯は上記の記事にて執筆していますのでここでは省略いたします。なお譲渡に伴う諸々の費用は北条鉄道の沿線であり出資者でもある兵庫県加西市が助成します。

写真は現役時代の秋田車なんだけどここ青森の果ての果てなんだよな・・・

塗装変更なしは西日本キハ40との差別化も考慮

このキハ40は北条線入線の際に塗装を変更しないことも明らかになりました。これは北条線からそう遠くないエリアでJR西日本が同形式をいわゆる首都圏色で走らせていることから、差別化を狙ったものと思われます。あえて秋田現役当時の塗装にすることでファンの狙いを集めて集客につなげようとする見方もあります。

同じ形式のはずなのに雰囲気が全く違う

運行開始は来年3月を予定

5月の時は2022年度上半期とされていましたが今回の発表では3月ごろの運行を目指しているとの報がありました。おそらく年度末から来年度にかけての春休み期間に運行を開始して22年度に向けてのスタートダッシュにつなげたい狙いがあると思われます。キハ40運用開始の暁には行き違い設備の見学も含めて是非とも乗りに行きたいものです。(了)

た・・・頼む・・・粟生に向かう際は神鉄を利用してくれ・・・