電化区間が全体の一割程度しかない路線たち

日本国内の鉄道路線は、2021年現在で全体の67%近くが電化されています。また、電化されているとはいっても必ずしも全区間電化されているわけでは無く、輸送が多い区間だけ電化してあとの区間はは旧来の非電化路線のまま、という電化非電化混在ケースも多々あります。

しかし、中には様々な理由からあまりにも電化区間と非電化区間の比率が極端すぎる路線も存在します。今回はその中でも電化区間が全体の一割程度、もしくは未満の路線をいくつかご紹介します。

近くに車両基地があるパターン

直通列車の為に電化しているパターンを前回記事にしましたが、今回は前回とは少し違う、旅客営業電車が通る通らない関わらず、ルート上に電車の車両基地、または車庫がある都合上そこまでの区間を電化したパターンをご紹介します。

宗谷本線(旭川もう一つのターミナルに隣接)

かつて旭川市内を走っていた、旭川電気軌道東川線が廃止されてからは函館本線旭川駅が日本最北端・最東端の電化駅となっていますが、不思議なことに架線はその先の宗谷本線方面に続いています。石北本線との分岐点新旭川駅も超えた架線は、旭川最大の貨物駅、北旭川駅の手前ですぐそばにある旭川運転所へと入っていきます。

NRE代走の宗谷から宗谷本線の架線を見る

この旭川運転所は宗谷本線並びに石北本線・留萌本線・富良野線を管轄していますが、所属する車両は全て気動車です。ですが旭川駅にやってくる特急列車、カムイ・ライラックに使用される789系と、旭川発着の一部普通電車の留置線も兼ねているため、一部区画が交流電化されています。この区画こそ、本当の意味での日本最北端・日本最東端の電化区間なのですが、この区間を通る電車は全て回送列車なので乗車はほぼ無理です。

駅で停泊させないのかな

民営化当時はその名の通り旭川駅付近に存在していたのですが、旭川市の大規模な再開発計画(北彩都あさひかわ)の一つである旭川駅高架化事業の開始に伴い移転が決定。丁度宗谷本線の北旭川貨物駅駅付近に使われなくなった貨物ヤードがあったため再整備をしたうえで2003年9月に新生・旭川運転所が開所し、今に至ります。そして併設していた電留線もろとも移転したため旭川から北旭川手前の分岐点まで宗谷本線が電化された、という次第です。2012年の札沼線電化開業まではこの区間が北海道で一番新しい電化区間でした。今も昔も乗客は乗ることはできませんが…

境線(山陰最大の総合車両基地)

鳥取県の大部分は非電化路線ですが、電車特急やくもが通過する伯備線と伯耆大山で合流する山陰本線が同駅から米子、そして県境を越えて松江・出雲市方面までが電化されています。と思ったら米子駅から分岐する境港線にも架線が張られています。特急はおろか電車すら通らない路線のはずがなぜ電化しているというと、後藤駅と富士見町駅に隣接する形で、JR西日本米子支社最大の車両工場兼車両基地、後藤総合車両所がおかれているからです。

妖怪駅名「どろたぼう」

後藤総合車両所は鳥取県、もしくは米子支社管轄の路線を通過する電車・気動車の管理、または管理の委託を任されています。また車両新造も行うときがあり、すぐ隣の島根県を通る一畑電車の新型車両、デハ7000系を敷地内にある後藤工業でノックダウン生産した実績も持ちます。1982年の伯備線電化に伴い、同車両所で電車の管理を行うことになったため、車両所にアクセスする境線もまとめて電化されました。当然電車は回送でしか通らないため乗客は乗ることが出来ません。

出雲にあるのはあくまでも支所、らしい

後藤車両所は、境線と今の山陰本線の一部が鳥取発の鉄道路線として開業した時からともに存在する歴史ある車両基地です。かつて、境線やこの車両基地を建設する為の土地の提供や買収などに大きく貢献した米子の豪商、後藤快五郎の多大なる功績をたたえて、この車両基地や付近の駅に彼の名がつけられました。そしてその名がついた施設は令和の今でも存在感を示し、彼の功績を後世に伝えています。

唐津線(前回とのダブルパターン)

JR九州の直流電化線は、山陽本線門司ー下関間と筑肥線姪浜ー唐津間、だけではないんです。筑肥線の電化区間は唐津までですが、電化線はその先の西唐津駅、そして筑肥線の電車を管理する唐津車両センターまで伸びています。

西唐津駅から唐津センターを望む

筑肥線が福岡市営地下鉄に直通開始、並びに姪浜ー唐津間を電化することに伴い、この西唐津駅に筑肥線の全ての電車を管轄する車両センターを置くことになりました。同時に、筑肥線との接続駅唐津からセンター最寄りの西唐津駅までが電化されました。筑肥線と一体で電化されているのでここも筑肥線と勘違いする人が多いのですが、唐津から西唐津までの2.2キロの電化区間の所属はあくまでも唐津線となっています。

佐賀県最北端の駅

車両基地の為に電化した同区間ですが、入出庫の関係で筑肥線の一部列車が西唐津発着となるため、前回ご紹介した任意の営業列車を直通させるために電化パターンと被るダブルパターンとも捉えることが出来ますが、一応こちらの記事でカテゴライズしました。西唐津ー唐津までを電化させた要因、筑肥線電化の理由については下記の記事を参照ください。(了)