みなさんこんにちは! わたかわです。

今回は夜遅くに岡山から鳥取へ移動する時に役立つ「真の最終列車」についてご紹介していきます。

f:id:watakawa:20211207190859j:plain

さて、今回は岡山駅へとやってきました。時刻は19時を過ぎ、辺りはもう真っ暗です。

f:id:watakawa:20211207191101j:plain

こんな遅い時間からですが、翌日朝早くには鳥取に居なければならないので、今夜のうちに鳥取まで移動していきたいと思います。
岡山~鳥取駅間では特急スーパーいなばが1日6往復運行されています。津山線経由ではなく智頭急行線経由で運行することで所要時間の短縮が図られており、岡山~鳥取駅間を概ね1時間50分程度で結んでいます。

f:id:watakawa:20211207192228j:plain

その最終便となるのが、岡山19:46発の特急〔スーパーいなば11号〕鳥取です。これより後に岡山駅を出発して鳥取駅へと向かう列車はありませんので、ホーム上でもしっかり「この列車は特急鳥取行の最終列車です」と案内されています。

スーパーいなば11号が発車する岡山駅3番線ホームには、直前まで別の列車が入線していたため、スーパーいなばは岡山始発ですがかなりギリギリの入線となりました。

f:id:watakawa:20211207193217j:plain

それにしてもこの車両、カッコいいですよね。一部では「特急らしくない顔」なんて言われてるみたいですが、首都圏民の私にとっては西日本に来ると目に映る何もかもが新鮮です。今回が初乗車になるので、パシャリ、パシャリとたくさん写真を撮っておきます。

しかし、次の瞬間とんでもないことが起こりました…。

続きを読む

この記事は原作者の許諾を得て、ティザー記事転載サービスにより転載しています。