前置き

 今回は6月18日に金沢八景旧駅舎が閉鎖されることになったのでその事を簡単に紹介します。

(制作時間短縮の為写真と文は最低限でお送りします)

 概要

 まず金沢八景が新駅舎になった理由ですが主にシーサイドライン延伸事業に伴い駅の構造を変える為です。シーサイドラインはこれまで京急から200mぐらい離れてましたが京急に直結する為延伸する伴に再開発計画が練らねました。その中に金沢八景駅改造計画がありそれによって京急側は新駅舎を作りました。

そして2019年に新駅舎が共用開始しましたがここで問題が発生します。ここで旧駅舎も引き続き使用することになりったのです。(エレベーター専用改札と乗換専用階段として)なぜそうなったのかと言うと前者はホームの強度が足りなくてエレベーターが設置出来なかったそうです。ちなみに後者は混雑を避けるために設置しましたが半年後に階段増設工事を行う為に閉鎖されました。(階段は2020年の4月ぐらいに完成)そしてホームの補強が終わり新駅舎へのエレベーターが設置することになったため18日が旧駅舎最後の営業日になります。19日からは新エレベーターが使用開始します。

 小ネタ

 金沢八景は京急最後の旧サインを使用していますが旧駅舎に多くあります。(サムネのやつとか)

また新逗子という文字もみれます。 写真は最後に載せます。

(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

 終わりに

 今回は緊急制の高い記事だったので突貫で書きました。(その結果めっちゃ雑+短い)

なぜ緊急制が高いかというと旧駅舎閉鎖もそうですが一番は旧サインがほぼ消滅するからです。新逗子っていう文字が消えるのもそうですが京急のことですからついでにホームに残ってるやつも更新しかねないからです。

この週末は旧サインが見れる最後の週末かもしれません。この機会に行って見るのはどうでしょう。

ではさようなら

 

 写真の溜まり場

 写真は後で増やします

 

下から見る3・4番ホーム