(この記事のすべての画像は写真ACより引用)

鉄道友の会は5月26日、2021年ブルーリボン賞・ローレル賞の受賞車両を発表した。ブルーリボン賞は第64回、ローレル賞は第61回となる。

ブルーリボン賞 受賞車両

【近畿日本鉄道】80000系 (ひのとり)

近鉄の名阪特急用の新型車両として登場した車両。ハイデッカータイプのプレミアム車両や、充実した車内設備、高級感のある赤いカラーリングが特徴。

名阪特急列車は広くゆったりした快適性を実現し、高品質で高機能な移動空間を提供してきました。「くつろぎのアップグレード」をコンセプトとする80000系は、これらをさらに追求しています。ビジネス、観光、お出かけなどの多様な利用用途に対応し、車内からの眺望を楽しむことができる一方、悠久の歴史を育む沿線の伝統的景観とも調和しており、完成度が極めて高く魅力あふれる車両であることを評価してブルーリボン賞に選定しました。

鉄道友の会 公式HPより

ローレル賞 受賞車両