入線するやくも号

2024年2月12日、鉄道ファンから「かぼちゃ列車」の愛称で親しまれている湘南色115系車両が神戸ー大阪間で運行されました。かつては京都・大阪―宇野(岡山県)間で運行していた急行「鷲羽」号。

車内には鉄道写真家撮影した懐かしいトワイライトエクスプレスの写真から新快速やサロンカーなにわの写真が飾られていた。100人ほどの募集だったが倍率はなんと35倍約3500人が応募した。新型やくも号も4600人の応募があったそうだ。回送列車として出発した3分後に新型やくもが入線しました。

115系湘南色

1950年に登場した湘南色一際目立つ車両として画期的なカラーでした。直流近郊形、直流急行形電車の標準色となり、かつてはJRの直流電化区間では数多く見ることができました。最近では山陽本線・赤穂線・宇野線・伯備線・福塩線のみの運行で一部はしなの鉄道で見ることができます。