3月13日より房総エリアで新型車両 E131系運転開始

2021年3月13日ダイヤ改正より、内房線・外房線・鹿島線などで新型車両E131系の運転が開始されました。E131系は20m4ドアの2両1編成でワンマン運転に対応した車両となっており、今までにない装備を持った車両となっています。E131系の房総エリア投入により、どのような影響がもたらされているのか、実際に乗車して確かめてきました。

E131系 房総エリア投入のポイント

E131系の房総エリア投入に当たっては以下のポイントが挙げられます。

(PR)
AJRで、あなたの鉄道体験を世界へ発信しよう。
サポート体制万全。初心者でも大丈夫。

房総地区約51年ぶりの新型車両

房総地区の普通列車(除く総武・京葉線車両)では113系以降の車両(211系・209系)が他線区からの転属であったため、約51年ぶりの房総地区への新型車両となりました。